おしゃべりサロン くらら舎


生きているということは学ぶこと
by kuraramichiko
画像一覧

いつまでも明るく

姪達と一緒に入院中の実兄を見舞う。

意外と元気で頭の体操、リハビリ等々と励んでいる様子。

見舞う度、兄はその様子を明るく話してくれます。


みちこさんも何れ人様のお世話になる身。

実兄のように、いつまでも明るく

人様に接することが出来ますようにと願いつつ帰宅。
[PR]
# by kuraramichiko | 2016-09-01 15:50 | 想いのままに

2015カレンダー

a0150283_14525098.jpg


a0150283_1453710.jpg


a0150283_14533069.jpg


a0150283_1453447.jpg


a0150283_1456188.jpg


a0150283_14591518.jpg


a0150283_153011.jpg


a0150283_1552575.jpg


a0150283_1573358.jpg


a0150283_1532437.jpg


a0150283_15174153.jpg


a0150283_15231596.jpg


a0150283_15253058.jpg

[PR]
# by kuraramichiko | 2014-12-15 15:25 | 絵てがみ

夕映え その一

みちこ.還暦  詩「鳩時計」

ポッポ ポッポ ポッポ
小ちゃな お家の 小窓があいて
お八つの時間を 知らせる
マサちゃん家の
お店の奥にある鳩時計

あの木箱の お家のなかには
お父さん お母さん鳩も 住んでいるのかな
時を知らせるあの鳩は
男の子かな それとも女の子かな

お家のなかは どのようになっているのかな
ご飯は 食べているのかな

もう一度 鳩をみたいと
お店の前に 立っている女の子
お店の おじさんに
あと30分たたないと鳩は でてこないよといわれて
彼女は あきらめる

四っ年上の お兄ちゃんと交代で
足継ぎ台の上に立って
古い柱時計の
ネジを巻くのが仕事の女の子

鳩の住む 柱時計は
買ってほしいと おねだりしても
かってはもらえない
貧しい農家のお家には 似合わないことも
彼女は知っていた

あの鳩時計のある お家は
きっとお金持ち
分限者に ちがいない
マサちゃん家は いいなあ

時をかさねて 五十余年
女の子は  還暦をすぎ
オババになりました

おジジと二人きりの茶の間に
その鳩時計が かけられている
そして 毎朝
松笠模様の 重りの付いたクサリを
ジりジり ジりジりと ひいている

三十余年前
世帯をもって 間もない頃
念願かなって  手に入れた鳩時計
秒刻みの 確かさは ないが
電気も 乾電池もいらない
時代遅れで
めんどうだと
かえりみられなくなった

女の子は  オババになっても
まだ 鳩の住む お家に
あこがれている
[PR]
# by kuraramichiko | 2014-05-28 19:58 | 想いのままに

父の慟哭

 昭和22年1月11日 土曜日

その日は穏やかな日和の昼下がりでした。


肺結核で衰弱著しい兄が、

「外の景色を眺めたい」と 父にお願いしていました。

「よしよし」と 父は縁側のガラス戸や 納戸の障子も開け、

自ら起き上がることもできなくなった兄を抱えて起こし、

正座させました。


暫くして「ありがとうお父さん。閉めてください」

「よしよし 風邪をひいては いけんからのう」と、

父は急いで南北の戸障子を閉め始めました。


 みちこは 年中軒下に置いている一畳台に腰掛けて、

その様子を耳にし「兄は未だ元気だ」と 安堵していました。


突然


「みつてる―う―!」と父の異様な叫び声に

みちこはハッと驚く と同時に、兄の臨終を察知し

冬枯れの田んぼの中を一目散に走り、

近くに住む父の従兄弟の伝吉小父さんの家へ飛び込み、


「あーちゃんが死んだ」と 伝えました。


兄は 肺結核でした 享年22歳

当時は パスもマイシンも無い時代で、

多くの人が命を落としていました。



昭和45年4月21日 父は67歳で旅立ちました。

声あげて泣き叫ぶ父の声を聞いたのは、 

後にも先にも 兄の臨終のときだけでした。
[PR]
# by kuraramichiko | 2014-01-10 19:14 | 子供の頃

亡き母への想い

平成25年12月12日

 今日は、母の誕生日。

109歳で亡くなった母は生きていれば111歳。

毎年、小さなバースディケーキを注文して家族で祝福していましたが、

ケーキの上に立てるローソクについては、注文受けるケーキ屋さんは

何時も戸惑っておられたようです。


 108歳のときは、ケーキの周囲に小さなローソクを8本立て、

真中に太めのローソクを「百」とみなし、一昨年の109歳のときは

チョコレート板に数字を描いて貰ったと記憶します。


 末っ子の私は、年明けると傘寿を迎えます。

娘時代は肺結核で絶望視され、

母には心配のかけどおしでしたが、

生かされて未だ存在しています!



 「かあさん、ありがとう」勿論、神さま.仏さまの

大きな計らいあってこその「今」ですが、

母の誕生日は忘れることができません。


 一日一日を大切に生き生かされて、

亡夫や母のもとへ参りたいと思います。
[PR]
# by kuraramichiko | 2013-12-13 20:36 | 想いのままに
カテゴリ
全体
ご挨拶
子供の頃
闘病生活
細腕繁盛記
似た者夫婦
絵てがみ
想いのままに
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
最新の記事
いつまでも明るく
at 2016-09-01 15:50
2015カレンダー
at 2014-12-15 15:25
夕映え その一
at 2014-05-28 19:58
父の慟哭
at 2014-01-10 19:14
亡き母への想い
at 2013-12-13 20:36
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧