おしゃべりサロン くらら舎


生きているということは学ぶこと
by kuraramichiko
画像一覧

神だのみ仏だのみ

亡き夫が生前購入していたパソコンの スローな反応が気に入らないと 

昨暮新しく 買い換えたノートパソコン。

とは言え 満足に駆使どころか 横文字に弱く 一つ学んで

憶えたつもりで 次に進むと前のを忘れる といった体たらくで近くに住む姪に 

頼りっぱなしの私、、。

  

それほど「もの忘れ著しく」認知症のはじまりかと 不安に怯える毎日で、

一日に一度は何かを捜して家の中をウロウロしている。



春 訪ねて見えた亡き夫の甥が「職場で使っているパソコンより新しいょ」と

古いパソコンを「頂戴」とのことで「ハイハイ」と気易く返事はしたものの 

購入時添付されていた「CD」が何処にあるのか分らない。

捜してみますとは言ったもののその約束まで「忘れる始末」で 打ち過ごしてしまった。



親族の法要の為 先々週 帰省した甥に 催促されて 大慌て。

申し訳ないやら情けない。パソコンの「CD」とやらは見たこともない私である。

否、眼中に無かったと言えようか。



三年前 夫の自宅介護の準備で 家の中をバリアフリー化した時

物置に放り込んだ箪笥や小物入れの中に「あるやも」と期待したが見付からず 

ここ数日悶々と過ごし 今日に至ってしまった。



毎日あげる観経も 時には「おざなりになるお経」だが「助けて英幸さん」と 

今朝は珍しく夫に祈った。


月も変わった事だし 見つからなかったら無いで 断わりお詫びして 

そろそろ区切りをつけるべきだと思いつっ 再度念の為にと

パソコンを置いている「くらら舎」に戻り 商いをしていた頃の書棚を「開けた」途端。

目前に それらしく古びて小さな富士通の箱があるではないか。


3枚セットのCDもあり「修理とか購入時に戻す時は必ず必要」云々と書かれてあり 

夫宛の証書様のものもあり ほぼ目指す「CD」と判断 

早速神戸に住む甥宛 お詫びの手紙とともに郵送した。



今日は 実家の母も 昼食は完食してくれたし「CD」も見つかったしで「嬉しい一日だった」と

母のことをツィッタ―に書いてパソコンの蓋を閉めた。



途端に またまた 思い出したのである。

今日は 夫の誕生日だったのだ。


ごめんなさい 生前は互いに祝福しあっていたのに 命日と引き換えに忘れてしまっていた。

「念ずれば花開く」とよく言われるが 本当にそうだ。

夫を亡くして2年7ケ月経つが 私は何回も「神だのみ」ならぬ「仏だのみ」をしている。

そのほとんどは「もの捜し」であるが大方「叶っている」ことに気付く。

と共に今更ながら愕いている。



そんな訳で 再度パソコンの蓋をあけ 長いながいプログを書いている。

夫は 今も「私を見守り助けてくれている」事に気付く

そして これからは耐えがたい寂しさに「慟哭」しそうになったら「仏だのみ」をして 

夫たちに助けてもらいながら「生きよう」。



「アリガトウ ヒデユキさん。そちらへ逝くまでヨロシクネ。」 
[PR]
by kuraramichiko | 2010-07-02 22:01 | 想いのままに
カテゴリ
全体
ご挨拶
子供の頃
闘病生活
細腕繁盛記
似た者夫婦
絵てがみ
想いのままに
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
タグ
その他のジャンル
最新の記事
いつまでも明るく
at 2016-09-01 15:50
2015カレンダー
at 2014-12-15 15:25
夕映え その一
at 2014-05-28 19:58
父の慟哭
at 2014-01-10 19:14
亡き母への想い
at 2013-12-13 20:36
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧