おしゃべりサロン くらら舎


生きているということは学ぶこと
by kuraramichiko
画像一覧

母の妹

暑くて長い夏から 一挙に秋がきたようだと ここ2.3日の挨拶は 互いに異口同音。

朝夕は寒い位で みちこは 慌てて薄い掛け布団を一枚増やした。
 

今日は 朝から快晴。

母は ショートスティで 特別養護老人ホームへ行く日だ。

母の枕カバーやパジャマ.シーツ等の洗濯はみちこの役目で 

それが嬉しくて彼女は実家に出向いた。

迎えに来た特養の職員に 母は機嫌よく連れていかれた様子で一安心。



認知症も 体調とともに天候如何によって症状に変化があるようで 

母の様子を看ていてもそれが顕著で 娘のみちこは 訪ねる度喜んだり

ガッカリしたりの連続だ。

昨日は耳が遠いのにも拘わらず みちこによく話しかけ喋ってくれた。

「Hさん(みちこの夫)は はよう死んだなぁー。

墓へ参るのは遠いけぇー毎日は参えれんなぁー」とか

「風呂は一人じゃ勿体ねぇから うちへ 入りに来ねぇー」

「玉葱がよーけーぇあるけぇ 持っていにねぇー」等々。



夫の里が 広島の神石であることも 思いだしたり忘れたりの繰り返しながら 

昨日はキチンと「神石」と言ってくれた。



末娘でありながら もの忘れ著しく毎日何かを捜して落ち込んでいるみちこは 

間もなく108歳の茶寿を迎える母の様子をみながら 喜ぶ一方 

「自分は母の娘ではないなぁー。体力も認知度も 母の妹のようだ」と 肩を落とした。
[PR]
by kuraramichiko | 2010-09-26 13:39 | 想いのままに
カテゴリ
全体
ご挨拶
子供の頃
闘病生活
細腕繁盛記
似た者夫婦
絵てがみ
想いのままに
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
タグ
その他のジャンル
最新の記事
いつまでも明るく
at 2016-09-01 15:50
2015カレンダー
at 2014-12-15 15:25
夕映え その一
at 2014-05-28 19:58
父の慟哭
at 2014-01-10 19:14
亡き母への想い
at 2013-12-13 20:36
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧