おしゃべりサロン くらら舎


生きているということは学ぶこと
by kuraramichiko
画像一覧

カテゴリ:想いのままに( 37 )

いつまでも明るく

姪達と一緒に入院中の実兄を見舞う。

意外と元気で頭の体操、リハビリ等々と励んでいる様子。

見舞う度、兄はその様子を明るく話してくれます。


みちこさんも何れ人様のお世話になる身。

実兄のように、いつまでも明るく

人様に接することが出来ますようにと願いつつ帰宅。
[PR]
by kuraramichiko | 2016-09-01 15:50 | 想いのままに

夕映え その一

みちこ.還暦  詩「鳩時計」

ポッポ ポッポ ポッポ
小ちゃな お家の 小窓があいて
お八つの時間を 知らせる
マサちゃん家の
お店の奥にある鳩時計

あの木箱の お家のなかには
お父さん お母さん鳩も 住んでいるのかな
時を知らせるあの鳩は
男の子かな それとも女の子かな

お家のなかは どのようになっているのかな
ご飯は 食べているのかな

もう一度 鳩をみたいと
お店の前に 立っている女の子
お店の おじさんに
あと30分たたないと鳩は でてこないよといわれて
彼女は あきらめる

四っ年上の お兄ちゃんと交代で
足継ぎ台の上に立って
古い柱時計の
ネジを巻くのが仕事の女の子

鳩の住む 柱時計は
買ってほしいと おねだりしても
かってはもらえない
貧しい農家のお家には 似合わないことも
彼女は知っていた

あの鳩時計のある お家は
きっとお金持ち
分限者に ちがいない
マサちゃん家は いいなあ

時をかさねて 五十余年
女の子は  還暦をすぎ
オババになりました

おジジと二人きりの茶の間に
その鳩時計が かけられている
そして 毎朝
松笠模様の 重りの付いたクサリを
ジりジり ジりジりと ひいている

三十余年前
世帯をもって 間もない頃
念願かなって  手に入れた鳩時計
秒刻みの 確かさは ないが
電気も 乾電池もいらない
時代遅れで
めんどうだと
かえりみられなくなった

女の子は  オババになっても
まだ 鳩の住む お家に
あこがれている
[PR]
by kuraramichiko | 2014-05-28 19:58 | 想いのままに

亡き母への想い

平成25年12月12日

 今日は、母の誕生日。

109歳で亡くなった母は生きていれば111歳。

毎年、小さなバースディケーキを注文して家族で祝福していましたが、

ケーキの上に立てるローソクについては、注文受けるケーキ屋さんは

何時も戸惑っておられたようです。


 108歳のときは、ケーキの周囲に小さなローソクを8本立て、

真中に太めのローソクを「百」とみなし、一昨年の109歳のときは

チョコレート板に数字を描いて貰ったと記憶します。


 末っ子の私は、年明けると傘寿を迎えます。

娘時代は肺結核で絶望視され、

母には心配のかけどおしでしたが、

生かされて未だ存在しています!



 「かあさん、ありがとう」勿論、神さま.仏さまの

大きな計らいあってこその「今」ですが、

母の誕生日は忘れることができません。


 一日一日を大切に生き生かされて、

亡夫や母のもとへ参りたいと思います。
[PR]
by kuraramichiko | 2013-12-13 20:36 | 想いのままに

寂聴さんの日めくり暦

平成19年11月18日 日曜日 赤口   

その日は穏やかな小春日和の一日でした

「死に際に周囲の人にありがとうと言えるような死にかたができたら

どんなにいいだろうか」と書かれた寂聴さんの日めくり暦


その日の夜 夫は静かに黄泉の国へ旅立ちました


近くに住む実兄

はるばる見舞ってくれた実姉実妹にも

大量の酸素と人口呼吸器に助けられて

苦しい息の中「ありがとう」とつぶやいて

永い眠りにつきました


以来わたしは

寂聴さんの日めくり暦をめくらないで暮らしています

夫のもとへ旅立つ日まで….と


そして毎日夫に声をかけています

「あなたに支えられて わたしは幸せな妻でした」


ありがとう ごめんなさい

               七回忌を前に
[PR]
by kuraramichiko | 2013-11-15 10:01 | 想いのままに

従兄弟 遥かなる地へ

 石材業一筋に歩み、職人の道を真っ直ぐに突き進んだ父、

技を磨くべく、若い頃からたゆまぬ努力を続けた頑張り屋でした。 

 自分の腕ひとつで家族を守らなければならないため、

その背中にのしかかる責任という重さは、耐えられぬほどだったことでしょう。

 しかし父はそんなそぶりひとつ見せず、

軽々と持ち上げてこそ大黒柱の生き方なのだと言わんばかりに

力を尽くしてくれました。


 こうして私たちの平穏な生活があるのも、

懸命に汗を流した父のおかげにほかなりません。


 捧げる「お疲れ様」の言葉に万感を託し、遥かなる地へと見送ります。

 人生の途上で出逢い、良きご縁を結んで下さった皆様へ深く感謝申し上げます。 

                  謹 白

                  平成25年9月18日    喪主  A . J 

 
    

 九月拾四日、八十三歳にて旅立った従兄弟の葬儀に参列しました。

生前、大変お世話になった従兄弟でした。

 父想いのJ君の挨拶に、みちこさんは心打たれました。

従兄弟の冥福をお祈りすると共にJ君の幸せを念じつつ、斎場を後にしました。 
[PR]
by kuraramichiko | 2013-09-18 16:00 | 想いのままに

ガラスのお雛様

a0150283_10545447.jpg


吉備路もてなしの館での、「うらやすガラス幸房」の展示会は、

今日から一週間の開催なので慌てる必要は無いにも拘わらず、

その魅力にひかれ待ちきれなくて本日参上いたしました。

吹きガラスは透明ななかにも優しい温もりを感じます。

内裏雛一対と安定感のあるコップを一つ記念に購入しました。
[PR]
by kuraramichiko | 2013-02-13 20:00 | 想いのままに

キリスト降誕

a0150283_16285526.jpg


今日は、キリスト降誕前夜。倉敷カトリック教会では、

19時よりバルト神父様によるミサが捧げられます。

 

日本でも多くの人々が、キリストの生誕を祝うのが

習わしとなりうれしいですネ。



「おひとり様の暮らしの」みちこさんですが、曲がりなりにも?健康で、

多くの友人にも恵まれ、日々感謝の生活ができるのも

神仏の恵み配慮と受け止めています。



40余年小さな商い(宅地建物取引業)をしていましたが、

廃業して6年も経つというのに、お引き立ていただいていた

オーナー(家主)のパン.製菓業を営むT夫人のK子さんが、

今年も手づくりの立派なクリスマスケーキを届けて下さいました。

無論ケーキはプロの技です。


今夜はキリストの降誕を待つ祈りと共に、Tご夫妻に感謝し

ご一家のご多幸をお祈りしたいと思います。


K子さん、ありがとうございます。


みちこさんは、今日も幸せす。
[PR]
by kuraramichiko | 2012-12-24 19:31 | 想いのままに

カンタ!ティモール

a0150283_1523680.jpg


ザ.ブーンへ参り、広田奈津子監督のドキメンタリ―映画「カンタ!ティモール」を観ました。

映画をみて、日本は発展途上国への「善なる支援をしていた」とばかり思っていたことの

罪の重さを知りました。

そして「知らなかった。知らされなかった。知ろうとしなかった」ことを悔いました。



そして、復興未だほど遠い東日本の大震災と原発事故のみえない終息、、、。

政治の混乱と共に、日本の現状、その「真実」が知らされているのか否か、

判らないことにも気付かされます。


東ティモールの人々は、大自然.大地の力を信じ守られて、長いながい闘いにも

屈しませ んでした。子供達はいきいきと「臼」を踏み、田植えの準備は牛で代搔き、

共同作業で手植えする稲作風景は、みちこさん達が子供の頃、つまり70年前の

日本でもごく普通にみられる農作業でした。



南海に浮かぶ神々の島と評されるティモールの人々の、他を赦し受け入れる

大らかさに心打たれると共に、かつて月探査衛星「かぐや」が撮影、指し示して

くれた「青く輝く満地球」に住む限り、私達は「人は一つの兄弟、父もひとり母も

ひとり、大地の子供でありたい」と思いました。



男女共同参画。殊更謳うまでもありませんが、最近、優れた作品を仕上げる

映画監督の多くが女性であることもうれしく「うたえ.ティモール」の監督.

広田奈津子さんの、なお一層の活躍が期待されます。
[PR]
by kuraramichiko | 2012-09-15 20:20 | 想いのままに

凱旋パレード

a0150283_11365634.jpg


a0150283_1532407.jpg


a0150283_15325797.jpg


a0150283_15331299.jpg


a0150283_15332511.jpg


帰省を待ち望んでいた、わが総社市の星.ロンドン五輪のメダリスト

清水聡選手が帰ってまいりました。

予想を上回る市民8.000人の沿道は、老若男女.なべて笑顔であふれ、

みちこさんも歩道で居合わせた西中学生達と一緒に歓迎祝福のエールを送りました。



パレードに続いて市役所前の広場は道路に溢れんばかりの人々、、。

ステージに立つ清水選手の今日の服装は、オリンピックの赤いユニホーム。

くす玉が割られ.市民栄誉賞の授与式と続き、好天気に恵まれた暑い日中、

市民はこぞって更に熱く燃え喜びに湧いた一時でした。



ボクシングは室内競技、如何に屈強な体の持ち主といえども、

残暑厳しい今日の凱旋パレードは選手にとって少々ハードではなかったでしょうか。

にも拘わらず「みなさん大丈夫ですか」と、逆に市民の私達に繰りかえされた労りの言葉。

パレードで偶然ご一緒できたお母様そっくりの彼は好青年でした。



清水選手への「市民栄誉賞授与式」は無事終了。

「万歳三唱」のあと散会。帰途についたみちこさんはルンルンと

軽やかな真昼のウオーキング。流れる汗はサラサラと快適。

後期高齢者のみちこさんにとって今日のパレードは、

亡夫待つ黄泉の国へのビックな土産話となりました。



清水選手と共にロンドン五輪で活躍された陸上の新谷仁美選手。忘れられない女性です。

お二方への感謝とともに、健康と更なるご活躍「お幸せな人生を」と念じつっ。

「アリガトウ、清水選手と仁美さん」  


a0150283_1435404.jpg

[PR]
by kuraramichiko | 2012-09-14 20:30 | 想いのままに

わらべ地蔵

a0150283_13322149.jpg

a0150283_14473146.jpg

a0150283_14544312.jpg


5月27日。

井山.宝福寺にて、京都の仏師.富田珠雲、睦海兄弟と山梨県の桂林寺.副住職.

織田宗泰さん指導のもとに「わらべ地蔵」を彫りました。

素材は桧の木、彫刻刀を持つのは初めてのみちこさん。

み仏の力を得て、開眼法要、無事「わらべ地蔵」を誕生させることができました。
[PR]
by kuraramichiko | 2012-05-27 20:30 | 想いのままに
カテゴリ
全体
ご挨拶
子供の頃
闘病生活
細腕繁盛記
似た者夫婦
絵てがみ
想いのままに
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
最新の記事
いつまでも明るく
at 2016-09-01 15:50
2015カレンダー
at 2014-12-15 15:25
夕映え その一
at 2014-05-28 19:58
父の慟哭
at 2014-01-10 19:14
亡き母への想い
at 2013-12-13 20:36
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧