おしゃべりサロン くらら舎


生きているということは学ぶこと
by kuraramichiko
画像一覧

<   2010年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧

案山子

久し振りに姪の運転でドライブしました。

目的は 一足先に姪がみつけていた案山子を見る為でした。

深々と帽子を被り 椅子に腰かけて本を読み乍ら雀の番をしている案山子。

他3体。案山子に守られて稲の生育も良さそうです。

この案山子を創った人は どんな方でしょうネ。きっと優しい方だと思います。

a0150283_15272599.jpg


a0150283_15275856.jpga0150283_15323548.jpg
[PR]
by kuraramichiko | 2010-09-27 20:00

母の妹

暑くて長い夏から 一挙に秋がきたようだと ここ2.3日の挨拶は 互いに異口同音。

朝夕は寒い位で みちこは 慌てて薄い掛け布団を一枚増やした。
 

今日は 朝から快晴。

母は ショートスティで 特別養護老人ホームへ行く日だ。

母の枕カバーやパジャマ.シーツ等の洗濯はみちこの役目で 

それが嬉しくて彼女は実家に出向いた。

迎えに来た特養の職員に 母は機嫌よく連れていかれた様子で一安心。



認知症も 体調とともに天候如何によって症状に変化があるようで 

母の様子を看ていてもそれが顕著で 娘のみちこは 訪ねる度喜んだり

ガッカリしたりの連続だ。

昨日は耳が遠いのにも拘わらず みちこによく話しかけ喋ってくれた。

「Hさん(みちこの夫)は はよう死んだなぁー。

墓へ参るのは遠いけぇー毎日は参えれんなぁー」とか

「風呂は一人じゃ勿体ねぇから うちへ 入りに来ねぇー」

「玉葱がよーけーぇあるけぇ 持っていにねぇー」等々。



夫の里が 広島の神石であることも 思いだしたり忘れたりの繰り返しながら 

昨日はキチンと「神石」と言ってくれた。



末娘でありながら もの忘れ著しく毎日何かを捜して落ち込んでいるみちこは 

間もなく108歳の茶寿を迎える母の様子をみながら 喜ぶ一方 

「自分は母の娘ではないなぁー。体力も認知度も 母の妹のようだ」と 肩を落とした。
[PR]
by kuraramichiko | 2010-09-26 13:39 | 想いのままに

ええーっ後期高齢者って私のこと?

「下手でいい 下手がよい」の 励ましに支えられて 70歳より始めた絵手紙。

今日は その教室でオモチャカボチャを描きました。


コメントは「ええーっ後期高齢者って私のこと、、。

気持は まだまだ二十歳でーす」でした。

が 「後期」の期が「記」と なっていました。


トホホ 恥ずかしーい。


a0150283_20251933.jpg

[PR]
by kuraramichiko | 2010-09-22 20:22 | 絵てがみ

母へのヘアーカット

窓を開け放つと 今朝の気温は 室内でも24度。

61日も続いた岡山の暑い真夏日も ようやく区切りがついた。

扇風機もエアコンも 今朝は不要。



昨夜の雨で 庭の水撒きもお休み。

熱暑のため 葉先が焦げて枯れかけた柿や無花果

家の前に落ちた街路樹のわくら葉を 拾い集めて 今朝の作業は終了。



早めの朝食を済ませて みちこは 自分のお弁当づくり。

常備菜の三色きんぴらと干し大根の酢の物 

少し甘めの卵焼きを冷まして お弁当箱に詰める。

そして一服。テレビ小説やワイドスクランブルを視た後 亡夫への看経を済ませる。

  

以上 みちこの朝は 大体このようなパターンで進んでいる。



今日も 正午のサイレンと前後して 実家に飛び込む。

甥のお嫁さんのY子さんは 既に母をベットから起こしてエプロンをかけ

食事をとらせていた。



なるべく自分で食べるようにと 見守りながら みちこも持参の弁当を開く。

互いに顔を見ながらとる食事は美味しく 耳が遠い事もあって寡黙になってしまった母も

「美味しいょ」と応えてくれる。卵焼きを一口おすそ分けする。



入れ歯洗浄のあと 今日は母のヘアーカットだ。

意のままに体や首を動かせてはもらえない為 みちこは

ベットの横を 左右に回りながらハサミを入れる。

髪の毛が少なくなっているため 素人のみちこでも何と

か「様になる」カットができる。なぁーんて。

熱いタオルで襟足を拭って終了。



母もみちこも 色黒で お世辞にも「美人とは言えない」母娘だが 

後頭部 特に母の「襟足は」ほっそりと生え際も整っていて

「振り向きさえしなければ美人にみえます」

ナンチャッテ。



百歳の頃は「アリガトウョ。散髪代が助かったょ」なんて言っていたが 

今日も母は黙って合掌するのみ。生き仏様になってしまった。

こちらこそ 娘として 母には「感謝」の合掌を捧げても

捧げきれないほとの「愛」をいただいている、、のに。

お返しは しきれなく 到底及びもつかない、、のに。



今年の「敬老の日」は 丁度ショートで お世話になっている特養から 

母は 自宅に帰る日である。

けれども みちこにとって「敬老の日」は 

待ったなく看守りと共にオムツ交換や食事の用意をしてくれ 

頑張っている 甥のお嫁さんや 80歳近い実兄に ゆっくり休み 息抜き

をしていただく日として「過ごしてもらいたい」と願っている。



先日 NHKの「ためして合点」を視ていたら 接し方に依って 

認知症は「進行を遅らせ 若干回復もする」という内容で 

特別難しい事ではない為 今日 みちこは試みてみた。

爽やかな好天気のせいか 母の表情は穏やかで

自宅に帰っていながら「家に帰りたい」とも言わなかった。

何時もより多く 今日は2時間余り母と共に過ごし 

手に触ったり 足指を揉んだりして過ごした。

母が 間違ったことを言っても 即座に「母さん違うョ」と

大きな声で「否定」しないで 先ず「容認」したほうがよい

のだそうだ。 



母の頭を少し下げ みちこは 実家の新聞を読んだりテレビ

を視たり 極力母の傍に長くいるように今日は努めた。

暫くして 母の瞼は 次第に重くなったのか 閉じたり開け

たりしはじめた。そして眠りについた。母は「赤ちゃんにな

ったのだ」と みちこは思った。



107歳の しなびた赤ちゃんだけれども みちこにとって

こんなに愛しい人は無い。

みちこは そーっと抜けだし 実家を後にした。
[PR]
by kuraramichiko | 2010-09-16 19:45 | 想いのままに

母の近況

a0150283_236581.jpg


台風一過。今朝は 珍しく そこここに初秋の気配がみられ

爽やかな朝を迎えることができた。

  

みちこは そそくさと自分のお弁当を詰め 自宅に帰っている母と共に 

昼食をとるため ルンルンうきうき。

食後の果物は 母の好きな柑橘類。ネーブルをカットしてパットに詰めて実家へ急ぐ。



母には なるべく食事は自力で摂るように手を貸さないでおこうと自制しながらも 

その動きは 107歳ともなればスローで固めの粥すらポタポタとこぼすようになり 

箸は使えなくなってしまった。


「アノネ。ご飯が欲しくないと言って 食べなくなったら、危ないょ。

元気だった僕のおふくろは3日ほどで亡くなってしまったょ」と 

県北のYさんが言った話が「小さな塊となって」みちこの胸のなかに住むようになり 

彼女は 母の口の中に 今日も やゃ無理やりに 粥を押し込むように食べさせた。



総入れ歯を洗浄し 口をすすぎ 実家のS新聞を読み 母と一緒の時間は 一時間余り、、。

耳の遠い母は 娘のみちこが傍に居る、、、それだけでも心安らぐようで 

今日は穏やかな表情で 静かな食後を 共に過ごすことができた。



しかし 時に甘えるというか 本音で訴えられることがあり

みちこは泣きだしたくなる時がある。



昨日も 母の介護度認定のため 市の福祉課の方がみえ孫嫁のY子さんに 

母の様子を訊ねている最中 みちこの動きに反応して

「みちこー。自分の家へ連れて帰ってくれ」「放って置かないでくれ。寂しいょー」と 

突然の大声で 市の職員の方まで愕かせてしまった。

Y子さんも「ばぁちゃん お家に帰っているのょー」と耳元で訴えても

「そうじゃない。ここは養老院じゃ」と否定。

「ひとりにしないでくれ。さびしいよー」の訴えは 認知症があるとは謂え 

娘のみちこには「全うにしか」聞こえない。




昨日も いつものように 母の様子を伺いながら「じゃまたネ。

バイバイ」は言わないで こっそり遠ざかって帰った。





今日の母は 静かで 機嫌よく かけっ放しのテレビを視たりみちこの顔を 

交互に眺めたりで 表情も穏やか。

退却のタイミングを 今日はどうしょうかと 思いながら母の顔を眺めていたら

「みちこや。たのむ」の 母の合掌。

オシッコがでたのでオムツを取り替えてくれという事。

「ハイハイ」と みちこは機敏に取り替えた。それというのも 母はベットの柵を署ルまえ 

お尻を自ら持ち上げてくれるから オムツの取り換えは楽なのである。

あと熱いお湯でお尻を拭いパウダーをハタク。



母のお尻を拭いながら 昨日のこともあってか 突然 みちこの眼から涙があふれた。

倖せいっぱいの涙でもあるのだ。

そして「母さん。寂しいおもいをさせてゴメンナサイ」と詫びつっも 

母娘共々元気でオムツを取り替えることがでるうれしさ。

「いつ何時までも続きますように」と祈る涙でもある。

  

「母さん。オシッコはでてないの」と尋ねると「でてない」と答えることが多くて

「ホントかしら」と確かめてみたこともあったが「嘘ではなく」些細なことだが 

みちこには それすらいまでは 喜びである。



みちこも 既に後期高齢者 そして「ひとり暮らし」

「老若男女 みんなみんな通る道、、、」とは言いながらも 夫亡き後の「老後」は寂しい。

107歳の母の「寂しいょ。ひとりにしないでおくれ」の訴えはジーンと身に沁みる。



 
[PR]
by kuraramichiko | 2010-09-07 23:07 | 想いのままに

母にささげる詩 Ⅱ

 かつて 私は総社の駅前で 小さな周旋屋(不動産業)の小母さんをしていた。

  

 実家は 歩いて10分程の近さで 当時元気いつぱいの母は 娘のために

「留守番をしてやらなくては」と 毎日お弁当箱にご飯を詰め シルバーカーを押して 

私の事務所へ通って来ていた。



 当時は[跡取りの嫁」として厳しい姑(母)に仕えていた兄嫁も

健康そのもののようで婦人会 モラロジ― 栄養改善等々多方面に活躍していた。

息子(甥)のお嫁さんとは 殊に仲良く 一家は揃って 健康で円満に暮らしていた。



ところが その後 急転直下 兄嫁は肺癌に罹り厳しい闘病生活の末 亡くなってしまった。

今でも信じ難い。



しかし 遺された家族は よく頑張った。

当時幼児だった曾孫は 今 上は大学生 下は中学生に成長

甥夫婦を主軸に 実家は それぞれに忙しそうだが 仲良く平穏に暮らしている。

近くに住む叔母として こんなに うれしい事はない。



 今 107歳と9ヶ月 あと3ヶ月で茶寿となる母の人生が

どのようなものであったか 耳がとおく 認知症もでて当たり前の齢となってしまった母に

その「生い立ち」を 娘として詳しく聴いておかなかった事が 悔まれて仕方ない。



せめて アウトラインだけでもと9年前書いた「母さんの爪」

と題する詩を 改めて このプログに記しておきたい。





         母さんの爪



母さんの爪 手も足も  いい色しているね

60代で亡くなった 父さんの爪は 白くて 脆かったよ

たらいのお湯に 手足をひたして 切っても 尚 かたく

弾力ある 母さんの爪 いい音するね



右手の薬指の爪 昔々 山仕事を手伝っていて

怪我をしたのだったっけ 縦に割れたままでも爪は伸びるのね

子供の頃 不思議に思ったこと 憶えているわ



白血病で亡くなった 父さんの爪切るときは 悲しかったけど

母さんの爪切るのは うれしいよ

だって母さんは 98歳  元気な生き仏様なんだもの



シルバーカーに ほうれん草と人参三本を入れて

末娘に食べさせようと 運んでくれる母さん



私が17歳のとき 肺結核で 余命あと一年

手術以外に助かる手だてはないと

早島の療養所に入ったときは 振り分け荷物を担いで

中庄駅から てくてく歩いて 来てくれていたね



血を吐いて 手術日が延びたのも知らず

大きな荷物を背負って きてくれた母さん

いま 思いだしても申し訳なくて ごめんね 母さん



6人の子を産み 今 在るのは3人

一人は死産 一人は3歳で疫痢に罹り

一人は敗戦後 22歳の跡取り息子を結核で亡くした

辛かったね 母さん



3年寝たきりの姑も看とり

耕運機も無い時代 1町5反歩の田畑を

父と二人で 朝星夜星 働き通した母さんだもの

足腰丈夫で 爪もかたいよ



背筋はしゃんと伸び 腰も曲がっていない

母さんに贈られた杖の出番は まだない



村の入り口の一軒家 戦後の物の不自由なころ

大麦飯のおむすびと沢庵を 物乞いの人に

よく馳走してあげていたね

病人が絶えず 貧しい農家でありながら

おこりんぼうの母さんは 他人にはやさしかったね



明治の小学校しか 出ていないけど

他人さまの悪口は 言ったことが無い

身内には厳しく 褒められたことは 一度もない

兄嫁も 大変だったと思うよ

おかげで義姉さんは やさしい姑になっているよ



明治 大正 昭和 平成と時代は移り

親子四世代 ひとつ屋根の下に住み ひ孫と遊ぶ

毎日視るテレビは 専用の映画館

母さん いま しあわせですか



98年間 一度も靴を履かなかった

母さんの足 美しいよ

子供の頃は 裸足か藁ぞうり

他所いきは 桐の下駄 農作業は 地下足袋

年じゅう 絣の着物を着ていたね

真夏のアッパッパの洋服のときも

昔は下駄 今はタビックスにスポンジの草履

外反母趾など縁がない

小指の爪まで形よく いい音するね



還暦すぎた末娘は 鼻眼鏡

母さんの爪 お喋りしながら切るときが

一番 うれしいよ





以上

読み返してみて 今もそうだが 私の 母へのおもいは深く 

まるで「一卵性双子ならぬ母子」の様だ。



長寿は祝福されるどころか なかには あからさまに「大変ですネ」と 

眉を潜めんばかりの表情で 労わりの言葉をかけてくださる人もいる。



「命のバトンを継いで 一世紀余も生きてきた母」が 愛おしい。 

そのバトンを わたしたちは それぞれ いま受け継いで 懸命に生きている。

そして 脈々と 波打つものを 粗末にはできないと 

私は 自戒を込めて 自らに言い聞かせている。  
[PR]
by kuraramichiko | 2010-09-04 22:15 | 想いのままに

よっちゃん

         
「いろは」のよっちゃんが 肺癌で 亡くなった。

齢74歳 まだまだ若い はや過ぎる別れは 葬送する者も 悲しい。


「いろは」という称号は 昔々 吉備線が 中国鉄道と呼ばれていた頃から 

東総社の地て゛旅館 カフェ等 大勢の女給さんを雇って 華々しく経営していた店舗。

現在は 元支店での理髪店だが 商いの内容は変わっていても 名称は受け継がれている。

詳細は 定かでないが総社市市史にも数行記されていて「いろは旅館」

本店には 戦時中 作家の永井荷風が 逗留していた とか。

私が4歳か5歳の頃 総社駅前には 支店「いろは」も 繁盛していて

桃ちゃんという きれいなお姐さんもいた。



支店「いろは」の夫妻には 子供がなく 近所に住む私の両親と仲がよく 

貧しい農家の我が家でありながら まるで親族のようなお付き合いをしていた。

「いろは」の小母さんの甥 りょうちゃんとよっちゃん兄弟は 隣村の箭田に住んでいたが 

小学生の頃 毎年 春と夏休みには小母さんの家に遊びにきていて 

三歳上の私の兄と行動を共にし 私も 後にくっついて遊んでいた。



男の子って 当時も揃って寡黙で 派手に飛び回るほどでもなく何をして遊んでいたのか 

記憶は鮮明で無い。

ただ 憶えていることは「りょうちゃん よっちゃん兄弟」は二人共お眼目が大きく 

お寺さんの子供で聡明な少年であったという事だけ。

幼いなりに 私は「憧れていた」のかも知れない。





その後よっちゃんは成人して理容師となり結婚 子供の無い「いろは」の小母さんと

養子縁組をして総社に住み 今日に至っている。

市史にも記されるほどの旅館「いろは」の名称は 理髪店「いろは」として

延々と受け継がれている。



涙もろいが しっかり者の奥さんのNちゃんと 二人の娘 二人の孫にも恵まれ 

手厚く見守られて よっちゃんは逝ってしまった。



斎場にて遠ざかる霊柩車にむかって ひとり佇み慟哭するNちゃんの姿に私も涙した。



想えば よっちゃん達とは 70年もの長いお付き合いになる。

血の繋がりのない他人ではあるが よっちゃん達とは 

何故か「従兄妹」ような気がしてならない。



「嫁」の貰い手のない「娘」のレッテルが貼られていた私が結婚する時

最上級のウールの布地をはずみ 特別仕立てでスーツをプレゼントしてくれた

「いろはの小母さん」 今も 大切にそのスーツは持っています。

こうして 親どうしの親しいお付き合いを通じて互いに幼馴染のまんま

私達は よっちゃんとは チャン呼ばわりで お付き合いしてきた。

遺された奥さんのNちゃんも 私のことはずーっとチャン呼ばわりしてくれている。

これからも そうだと思う。



葬儀のあと 私達へのお礼の挨拶で しつかりと「いろは」を受け継ぎます と 

決意を述べられた CHIちゃんのお婿さんの頼もしいこと。



よっちゃん。

あなたは ずーっと寡黙な人でしたが 素敵な家族を築かれましたネ。

仏様になっても ずーっと見守ってあげて下さいネ。





私の夫と 再会できましたか。 できたら よろしくお願いいたします。



さようなら よつちゃん ありがとう。
[PR]
by kuraramichiko | 2010-09-02 18:09 | 子供の頃

母に捧げる詩

a0150283_2065567.jpg


まるで亜熱帯の国になってしまったのか と思えるほどの連日連夜の暑さは 

初秋の9月に入っても尚続き 青息吐息の毎日。



超高齢で元気な母といえども 異様なこの暑さは身に堪えるのか 

このところ無表情で すっかり寡黙になってしまった。

 

末娘の私も 後期高齢者として 新しい健康保険証等が役所より届き 

名実共に「ひとりくらしのお年寄り」

 

「黄泉の国」への旅立ちは 歳の順に母を看おくった後となりたい。

然し それは神仏がお決めになることで 今は ただ「母在る日々」に感謝するのみである。



そこで 今 百七歳を生きる母に 次の「詩」を捧げ このプログに 留め置きたい。

 

            記

 

ながく生きすぎて 世話になるばかりで すまんのう、、と

 

おむつを取り替えるたび ジワーッと涙を浮かべ

 

娘の わたしにまで 感謝の合掌をする母さん



超高齢社会と まるで長生きすることが 



罪悪といわんばかりの声も きこえるなか



百七歳の今を生きる母さんから



わたしは多くのものを学んでいます



何故なら わたしの明日だから、、、



母さん ありがとう



母さんが今在る幸せを



わたしは 満喫しています

    
[PR]
by kuraramichiko | 2010-09-01 22:13 | 想いのままに
カテゴリ
全体
ご挨拶
子供の頃
闘病生活
細腕繁盛記
似た者夫婦
絵てがみ
想いのままに
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
最新の記事
いつまでも明るく
at 2016-09-01 15:50
2015カレンダー
at 2014-12-15 15:25
夕映え その一
at 2014-05-28 19:58
父の慟哭
at 2014-01-10 19:14
亡き母への想い
at 2013-12-13 20:36
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧