おしゃべりサロン くらら舎


生きているということは学ぶこと
by kuraramichiko
画像一覧

<   2011年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

タケちゃん

NHKのテレビ小説「おひさま」を視ています。

今日は、陽子先生の深い思いやりに涙してしまいました。

みちこさんの終戦は、国民学校4年生のときでした。

そして、突然、みちこさんは「タケちゃん」のことを思いだしました。

タケちゃんは、都会からの疎開児童でした。

タケちゃんは、墓地のなかのお地蔵様を祭っているお御堂に、

一家揃って住んでいました。

農家でありながらも、みちこさんは、お米は「兵隊さんのために」供出、

麦の中にお米が入っているようなお弁当、真中に梅干し、

他におかずは時々の野菜ばかり食べていました。それが普通の生活でした。

タケちゃんは、お昼は「家に帰って食べてくる」と言って、

お弁当を持ってきていませんでした。タケちゃんは、お勉強もよくでき、

頭の良い男の子でした。毎朝早起きして新聞配りもしていました。

終戦後暫くして、タケちゃんは都会へ帰って行かれました。

それから30数年振りに再会しました。

小学校の同窓会です。

集まったクラスメートが、どのように「生きてきたか」自己紹介を兼ねて、

それぞれ話すことになり、タケちゃんの番になりました。

彼は、立派な紳士になっていました。

が、小学校時代の想い出を語りかけた途端、絶句、大粒の涙を流しました。

タケちゃんの家には「食べるものが無かった」のです。

タケちゃんは、お水で空腹を凌ぎ、ひとり高梁川の堤に座りお昼を過ごしていたのです。

恩師の先生はじめ、集まったクラスメイトも全員涙しました。

当時、幼かったとはいえ、みちこさんは余りにも疎い子供でした。

小学校時代の厳しく辛い生活がバネとなって、タケちゃんは立派な大人になっていました。

集まった全員、涙が乾いたあとは、ワイワイガヤガヤ。

タケちゃん、ミツちゃん等々と小学生に戻り、それはそれは愉しい同窓会になりました。

NHKの「おひさま」は、みちこさんの生い立ちと重なります。
[PR]
by kuraramichiko | 2011-05-26 20:06 | 子供の頃
カテゴリ
全体
ご挨拶
子供の頃
闘病生活
細腕繁盛記
似た者夫婦
絵てがみ
想いのままに
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
検索
その他のジャンル
最新の記事
いつまでも明るく
at 2016-09-01 15:50
2015カレンダー
at 2014-12-15 15:25
夕映え その一
at 2014-05-28 19:58
父の慟哭
at 2014-01-10 19:14
亡き母への想い
at 2013-12-13 20:36
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧